カニ釣りとカニの取り寄せ、どっち?

私は都会で育ちました。周囲に池や川などなく、なかなか身近に自然と関わる機会はありませんでした。現在は結婚をして少し田舎の方にすんでいて、子供も大きくなり、セミ取りやカニ釣り、ザリガニ釣りなどするようになりました。私自身が子供の時にカニ釣りなんてしたことがなかったので、旦那、子供と同じように私もはしゃいで、無邪気に楽しんでしまいます!カニ釣りですが、まず小道具ですが、まっすぐの棒、糸、針、餌が有れば後は何も必要ありません。非常にシンプルで、お金もかからず楽しめるのです。100円均一等で伸縮式の植物用支え棒や釣り糸を揃えれば確実ですが、木の枝、毛糸、クリップなどを伸ばしてまげるだけでも十分道具として機能します。えさは、スルメを使います。近所の水路にいくだけで、ザリガニやカニがわんさかいます(笑)。スルメを近づけるだけで、カニがせかせか横歩きで近づいてきます。ハサミでスルメを食べ始めれば、ゆっくり竿としている棒を引き上げます。これだけで、カニが連れてしまいます。非常に元気なカニであれば、途中で暴れ落ちて、逃がられてしまうことはありますが、それはそれで楽しいです。釣ったカニ始めればすぐ逃してやりますが、一度水槽に入れ自宅で買うこともありした。水道水のカルキ抜きをして、水深を浅めにし、底に砂利をひいて、100均のオブジェ(ドカンや架け橋のミニチョア)などを置き、なかなか楽しかったです。餌をやるも、日に日に衰弱していく様子があったので、3日で水路に返してやりました。小さい生き物を飼うのはなかなか大変だということを改めて子供ともども気付かされた出来事でした。
カニのハサミについてですが、カニの体は小さくても甘くみてはいけません。指など挟まれると強烈に痛いです。しかも、指を振り回してまなかなか離してくれません。もう片側の手でハサミを無理やりこじ開けまさした。カニも必死でなかなか力を緩めないので、ハサミがもげ落ちてしまうのでないかという位、こちらも力をいれました。カニ釣りは、意外と楽しいので一度試してみてはいかがでしょうか。
それとも、蟹は通販でゲットという人もいるかも?そんなあなたにはカニ 取り寄せしてみるのも良い考えですね。

お風呂でアワアワ、のちに、キラキラわんこ

わが家のわんこ(シェルティのオス4歳)を洗いました。
最後に洗ったのは2ヶ月くらい前で最近ちょっと臭い始めていたのと、朝から快晴だったので『わんこの洗濯日和だ』と思い立ち、すぐに必要な道具と場所を揃えて決行しました。
わが家のわんこは洗われるのが苦手で、洗おうとすると気配を察知して以前は風呂場まで連れて行く途中で逃げ出したり、4つ足を踏ん張って抵抗したりして本当に大変だったんです。
でも基本お馬鹿で食いしん坊なわんこなので、おやつのジャーキーを使って自宅の風呂場に誘い込み、わんこが風呂場の脱衣所でジャーキーに夢中になっている間に脱衣所の扉を閉めて退路を塞ぐ方法にしてからは簡単に捕獲する事ができるようになりました。
逃げられなくなってやっと不穏な気配を感じたわんこが狭い脱衣所で逃げ惑うのを首輪を掴んで風呂場に連行、首輪を外して風呂の残り湯をお尻の方からかけて、シャンプーでお尻から頭へと順番に洗っていきます。
洗われている時でも往生際の悪いわんこは風呂場の中を壁に沿うようにぐるぐると逃げ回るので、最初頃はそれを追いかけながら洗っていたのですが、以前それで目が回りかけた事があって最近は一周回って帰って来た所で洗うか、壁の隅に追い詰めて動けないようにしてから洗うようにしています。
時折体を振るって水気や泡を飛ばすのを全身で受けつつわんこを隈なく洗って、残り湯で完全に泡を落とした後に最後にシャワーで濯ぎ風呂場での作業は終了です。
ここまでで大体30~40分くらい掛かりますが、その間ずっと中腰か下を向いた作業なのでとても腰が痛くなるんですよね。本当は月一で洗いたいのですがこれがあるので、1ヶ月半~2ヶ月を目安に洗うようにしています。
風呂場から出したらわんこ用のバスタオルを敷いた場所まで誘導して、ここで最終兵器の『茹でた豚の骨(特大)』の出番です。
この『豚の骨』はわんこの大好物で、これに夢中になっている間に全身の水気をバスタオルで拭き取る事ができます。わが家のわんこはドライヤーが大嫌いなので根気よく拭いていくしかないので大変でした。
30~40分くらい奮闘した後で仕上にブラッシングをしたんですけど、毛が買い物袋がいっぱいになるくらいとれてびっくりしました。
全ての作業が終わって、わんこが見違える程の艶やかな光る毛並みとシャンプーの良い匂いに、腰の痛みや私の全身が毛まみれになったのがどうでもよくなるくらい達成感があって気持ち良かったです。